おまとめローンの審査が通りやすい所は?

おまとめローンで負担を大幅に減らせる?

イメージ画像

 

矢印

 

おまとめローン審査に申し込むならここ!

 

プロミス

申し込み



アイフル

申し込み



アコム

申し込み




おまとめローンは今すぐ申し込むべきです!その理由とは?

 

① 金利が低くなるという最大のメリット

 

おまとめローンを利用して金利が下がると、毎月同じ額返済したとしても元金への支払いが増えるため総支払額が少なくなります。

 

複数の借り入れをまとめることで一回の支払額が少なくなり返済中の生活の予定を立てやすくなると言うメリットがあります。

 

 

② 返済に遅れがでるとおまとめ時にマイナス

 

おまとめローンを検討するころというのは、だいたい支払いに困ったころが多いのですが実際に支払いが遅れてしまったりするとあなたの信用情報に傷がついてしまいます。

 

信用情報に傷がついてしまうと、銀行のおまとめローン審査に通らないという場合が考えられます。

 

負担が重いなぁとおもったら、実際に支払いが滞ってしまう前に早めにおまとめローンを検討して申し込むべきです。

 

 

③ 銀行の借り入れは総量規制の対象外

 

どういう意味なのかというと、総量規制の対象外だと、実際におまとめするときに一時的にでも年収の3分の1を超えてしまう可能性があると、通常のフリーローンでは、おまとめできないことがありますが、銀行の場合は、目的に“おまとめ”とあればこの問題をクリアできることがあります。

 

 

おまとめローンを詳しく知りたい!

イメージ画像

 

おまとめローンとはその名の通り、複数の借入を一つにまとめるローンのことです。

 

おまとめローン専用の商品を取り扱っている業者もあれば、通常のカードローンでおまとめもできるようにしている会社もあります。

 

 

おまとめローンと似たような商品に「借り換えローン」がありますが、微妙にニュアンスが異なります。

 

借り換えローンは、主に1つの高金利の借入を1つの低金利の低金利ローンで借り入れることを言います。

 

住宅ローンなど、あまり複数から借りることがなく借入金額も多いローンで、借り換えローンはよく見られます。

 

それに対しておまとめローンは、複数の借入を一本化する点が違う点です。

 

別名「一本化ローン」とも言いますね。

 

 

おまとめローンで融資を受けても、まとめる前の業者に自動的に返済がされるわけではありません。

 

自分で各ローン会社に返済をしなければならないのです。

 

 

銀行おまとめローンを利用する前に

イメージ画像

 

住宅ローンや多重債務のおまとめを検討している人は、おまとめローン審査を申し込む前に検討しておく必要があることが何点かあります。

 

まず第1に考えなければいけないのは、おまとめが自分にとってプラスになるかどうかです。

 

おまとめローンの目的は低金利のところに借金を移して負担を軽減させると言うメリットがあります。

 

ただし、おまとめをして支払い総額が増えてしまっては意味がありません。

 

その点についてはあらかじめよく計算をしておく必要があると言えるでしょう。

 

プロに聞くのもいいでしょう

 

おまとめが心配な人は銀行のファイナンシャルプランナーなどに相談してみるのもいいでしょう。

 

住宅ローンの借り換えなどならば相談にのってくれるはずです。

 

プロの視点から実際の返済計画まで提案してくれることになるので、住宅ローン減税の要件であったり、所得税の控除であったりといった自分ではわかりにくかった部分もクリアにしていくことができるでしょう。

 

わからないことは専門家に聞いてしまったほうが早いですし、より正確だと言えるでしょう。

 

自分の状況にあった借り換えを

 

また、多重債務者のためのおまとめローンを利用して1本化したいと考えている人は、自分のおかれている借金の状況に合ったものを選ばなければいけません。

 

金融機関によっては、おまとめローンでも他社からの借り入れ件数に上限を設けていることがあります。

 

それを超えたものについては1本化の対象外となってしまうのです。

 

借り入れ先が多い人は、申し込みをする前に何件までならば大丈夫なのかを確かめておくようにしなければいけません。

 

あるいは、銀行系、消費者金融系、信販系といったように、借り入れ先にもいろいろな種類があります。

 

このなかでも、同じ系列の業者から複数の借り入れを行っている場合は、その情報を共有していることが考えられます。

 

そうすると、いわゆるブラックリスト入りの候補として受け取られることもあります。

 

あまり同じ系列業者から複数の借り入れをしていると、おまとめローンに申し込みをする際の審査ではじかれてしまう怖れもあることを知っておきましょう。

 

悪徳業者に引っかからないために!

 

ほかにも、1本化を宣伝している業者のなかには、審査通りやすいなど見かけだけ好条件になっていて、実際には手数料が高額になっていたりといった悪徳業者がまぎれていることがあります。

 

そういったところに引っかかってしまうと、さらに借金が膨れてしまうといったことになりかねません。

 

まったく意味がないどころか、余計に厳しい状況に陥ってしまいます。

 

おまとめローンは、銀行系での借り換えか、大手の消費者金融でしたら比較的審査通りやすいのでそちらのプランを利用するようにしましょう。

 

 

おまとめローンのメリット

イメージ画像

 

メリットその1:利息の返済金額が少なくなる

 

おまとめローン最大の目的は、返済総額を抑えることにあります。金利の高い借入から金利の低いおまとめローンに乗り換えることで、利息の返済総額が少なくなり、その結果毎月の返済金額が少なくなるというメリットがあります。

 

メリットその2:毎月の返済回数も一本化

 

貸金業者によって、毎月の返済日はバラバラです。

 

返済日が来るたびにATMに足を運んで、お金を入金するのはあまりに面倒です。

 

ついつい返済日も忘れがちになってしまい、延滞してしまう可能性も否定できません。

 

 

おまとめローンを使えば、返済日も一本化することができます。毎月の返済を1回にすることで、管理もずいぶん楽になるのです。

 

メリット3:精神的に楽になる

 

多額の住宅ローンの返済も苦しいですが、少額ならば件数の多いカードローンの借金返済は、地味に精神的に追い込まれていきます。

 

複数の借金に目を配るのは、思いのほか大変です。

 

おまとめローンで借金を一本化できれば、精神的な苦労も一本化されますよ。

 

おまとめローンのデメリット

イメージ画像

 

デメリット1:審査が厳しい

 

通常のカードローンよりも、おまとめローンの審査は厳しくなる傾向にあります。

 

通常のカードローンよりも借入金額が多くなる傾向にあるため、その分審査は厳しくなります。

 

デメリット2:再び多重債務に陥る可能性も!

 

おまとめローンを利用すると、「借金が減った」と勘違いする人が少なくありません。

 

しかし実際に減っているのは利息だけであり、元金に関しては全く変わりがありません。

 

 

おまとめローンによって一度に借金を完済すると、その業者はその人を優良顧客として判断して、総額の案内が届くようになります。

 

つい増枠をしてしまうと、さらなる多重債務に陥る可能性があるのです。

 

デメリット3:返済額が増える可能性も!

 

おまとめローンは返済総額を減らすのが大きなメリットですが、かえって返済総額が増えてしまう可能性があります。

 

それは、おまとめローンの毎月の返済額を以前よりも大幅に減らした場合です。

 

毎月の返済額を減らせば確かに楽になるのですが、その分返済回数が多くなり、利息が増えていくのです。

 

おまとめローンに向いている人は?

イメージ画像

 

複数の消費者金融から借入のある人

 

少額の借入を消費者金融から行なっていると、金利は上限金利が適用されます。

 

そのパターンを複数の消費者金融で行っていると、利息の額も膨らみます。

 

 

おまとめローンを使えば、適用金利は低く抑えられますので、その分利息の支払い額も少なくなります。

 

返済をうっかり忘れがちな人

 

返済を忘れがちな人で、複数の借入をしている人も、おまとめローンを利用すべきです。

 

おまとめローンは返済日も一本化できますので、返済管理もかなり楽になります。

審査甘いのはどこ?

イメージ画像

 

おまとめローンは銀行だけではなく、消費者金融でも提供しています。

 

審査も、銀行よりは消費者金融のおまとめローンがハードルが低いのですが、利息を減らす効果はそれほどではありません。

 

消費者金融のおまとめローンは、件数減らしに使うといいでしょう。

 

 

消費者金融以外ならば、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」がおススメです。

 

 

バンクイックはおまとめ専用ではありませんが、金利が年1.8~14.6%で限度額が最高500万円と、専用のおまとめローンと比べてもそん色ない低金利、限度額です。

 

 

また、バンクイックはパートやアルバイト、年金受給者に学生、自営業者に専業主婦の方も利用できます。

 

おまとめローンを必要としているあらゆる人に、バンクイックは門戸を開放しているのです。

 

複数借り入れは低金利のカードローンでおまとめを

イメージ画像

 

銀行借り換えの目的というのは、利息分の負担を減らして無理のない返済計画が立てられるようにすることです。

 

そこで重要になってくるのがおまとめローンなのです。

 

とくに複数の金融機関から借金をしているときには、このプランに移すことでいろいろなメリットが考えられます。

 

1番問題となる利息分についても、借り入れ先ごとにばらばらだと計画的に返していくことが難しくなってしまいます。

 

そこで1本化してしまうことで、完済に向けた計画が立てやすくなるのです。

 

 

たとえば、

 

A社から年率19パーセントで70万円、

 

B社から年率20パーセントで85万円、

 

C社から年率16パーセントで120万円

 

の借金をしていたとしましょう。

 

それぞれに金利も違えば借り入れ金額にも差があります。

 

そうすると、毎月ばらばらの返済日にそれぞれの金利で設定された金額を支払わなければいけません。

 

そこに年率で14パーセントのおまとめローンがあれば、3社を合わせた275万円の借金をその年率で返していったほうが負担が少ないというわけです。

 

 

そのときの借金の種類はいろいろと考えられるでしょう。

 

住宅ローンもあれば自動車のマイカーローン、クレジットカードの借入金なども考えられます。

 

なかでも消費者金融やカードローンといった小口のものが複数あって困っているという人に、このおまとめローンは効果を発揮するのです。

 

最終的には全額返済をしなければいけませんが、利息ばかりの支払いで元本が全然減らないという状況になってしまっている人もいるからです。

 

とくに支払い能力があってもなかなか完済できない人にオススメです。

 

 

それは、低金利で利息分の負担を減らすことができるので、完済への道筋が立てやすくなるからです。

 

それまでも、まがりなりにも毎月の支払いをしていたという人は、利息の負担が減ることと、複数あった借り入れ先が1つになることで、返済計画にもゆとりが生まれることになるのです。

 

返済日、返済額、利息といった、それまで苦しめられていた要素を負担の少ない条件で1本化してしまうことで、完済に向けて明確な目標が定まるというわけです。

 

 

その際には、金利の比較をしておくことと、残高の確認をしておくことが重要になります。

 

残高によっては先に単独で完済をして整理をしてしまったほうがよいケースもあるからです。

 

また、おまとめローンにもいろいろな種類があるので、自分の条件に見合うものを探す必要があります。

 

審査基準はクリアしているのか、融資可能な額は足りているのか、担保や保証人は必要なのかといったことも調べておくようにしなければいけません。

 

 

おまとめローン審査に申し込むならここ!

 

プロミス

申し込み



アイフル

申し込み



アコム

申し込み