低金利のおまとめローンのおすすめは?

低金利のおまとめローンは銀行がおすすめ?

イメージ画像

 

銀行おまとめローンを検討するには、まずは金利の比較をしていくことになります。

 

まずは、返済額を算出しましょう。

 

その結果として、あまり差が出ないこともあれば、残高が多く残っていて大きな差が出るケースもあるのです。

 

重要なのは、最終的に支払う額の差なのだという点については頭に入れておかなければいけません。

 

 

たとえば、ある金融機関から100万円の借金をしたとします。

 

そのときの金利が18パーセントだった場合には、毎月発生する利息は約1万5千円になります。

 

返済期間毎月支払うことになるとかなりの負担になると言えるでしょう。

 

それこそ、毎月利息分だけしか支払えないといった状況も考えられます。

 

そうすると、借り入れた額はいっこうに減らないので、永遠に支払いが続いてしまいます。

 

 

そういった状態に陥らないためにも、低金利のものにおまとめをしていくことが望ましいのです。

 

何率で言えばもっと低いところはたくさんあるので、いろいろと調べてみるのがいいでしょう。

 

銀行カードローンならば条件は整っていることが多いですし、消費者金融でも年率で15パーセント前後のところもあります。

 

それならば、元本部分も減らしていくことが可能だというケースも出てくるはずです。

 

そうやってある程度完済への道筋を立てることが重要になります。

 

 

また、銀行カードローンのものは審査が厳しいことで知られていますが、そこで大切なのは返済能力になります。

 

返すあてがなければお金を貸してくれる業者はありません。

 

きちんと返せるのだという信用によって借金ができるので、銀行おまとめローンを希望している人は、定期的な収入があることを証明しなければいけません。

 

その収入分から、元本部分と利息分を毎月支払っていくことになるのです。

 

前出の毎月2万4千円の支払いを例にとれば、それだけは返す能力があると考えることができます。

 

 

それならば、より低金利のものに借金をまとめることで完済は可能だと言うことができます。

 

このように、金利の差というのは、返済計画を考えたときにとても重要な要素となっているのです。

 

そこでは、銀行のように低い年率でお金を貸してくれる金融機関の存在が大きいのだと言えるでしょう。

 

カードローンや消費者金融で借金が膨らんでしまった人も、おまとめローンによって完済への道筋が立てられるようにすることが望ましいのです。

 

おまとめローンを比較すると?

イメージ画像

 

銀行おまとめローン行う目的というのは、返済の負担を減らすことだと理解していいでしょう。

 

経済的な面を考えても、しっかりとした返済計画を立てることができれば生活にゆとりが生まれます。

 

借金をしていると、どうしても圧迫感を感じたリ、重しとなることが考えられるでしょう。

 

それが完済する見込みがなければなおさらだと言えます。

 

そこで、そういった状況を改善するためにも、金利の低いところにおまとめすることが望ましいのです。

 

 

そのなかでも、より効果的なおまとめローンを実行するためには、現在の状況を正確に把握しておく必要があります。

 

たとえば、借りる額によって年率というのは変わってきますし、返済期間の違いなども考えられます。

 

そこで考えなければいけないのは、最終的に自分はどれだけ支払うのか、そのなかで利息分はどれだけなのかということです。

 

同じ額を借りても、年率に差があれば支払い総額は変わってきますし、返済期間が長ければ、そのぶん余計に支払うことになるからです。

 

 

そういった状況で、支払いの負担を減らすことができるようなおまとめを実行する必要があります。

 

最近ではネット銀行などでもプランを用意しているところがあります。

 

融資額によっては、よその銀行よりも低い金利で借りることも可能になっているのです。

 

そういった新しいところもチェックしてみることをオススメします。

 

後発組ということで、従来の金融機関のものよりも魅力のあるプラン内容になっていることもあるからです。

 

 

また、自分の返済能力についても考えていく必要があるでしょう。

 

毎月どれだけの額ならば無理なく返せていけるのかを知っておく必要があります。

 

あるときに返すといった方法ではいつまで経っても完済できないといった状態になりかねません。

 

とくに返済期間が延びれば、そのぶん利息がかさんでいくこともあるからです。

 

そこで、負担の少ない返済計画が立てられるようなおまとめローンを実行できるようにすればいいのです。

 

そうすれば、全額返済への道筋がつくはずです。

 

 

そして、もとの借り入れ先がどこかということも、効果的なおまとめローンを行うには重要な要素になります。

 

同じ大手銀行同士ならば、それほど大きな差が出ないこともあります。

 

けれども、借金ができるのは銀行だけではありません。

 

カードローンや消費者金融もありますし、そのなかでもノンバンク系やメガバンク系といったことでも違いがあります。

 

金利の高いものも多くあるので、そういった借り入れ先を整理するのにおまとめローンを利用することになるのです。

 

借り換えで負担を減らせる低金利な銀行カードローンは?

プロミス

申し込み



アイフル

申し込み



アコム

申し込み